過払い金の計算例

本件は,貸金業を営む被控訴人と基本契約を 結して,借入れと弁済を繰 り返していた控訴人が,被控訴人に対し,(1)主位的請求として,(ア)利息制 限法所定の利率を超える利息として支払われた部分(制限超過利息)を貸付 金の元本に充当すると 過払い金 が生じているとして,不当利得返還請求権に基 づき,過払金388万9260円及び 過払い に対する取引終了日である平成 18年12月26日までの確定利息64万1491円の合計453万075 1円並びに過払金388万9260円に対する同月27日から支払済みまで 民法所定の年5分の割合による利息の支払,(イ)民法704条後段の損害と しての弁護士費用40万円及びこれに対する受益の日である平成18年12 月27日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支 払,(ウ)被控訴人が,存在しない債務を存在するかのように装って支払を請 求し,これを受 した不法行為により,控訴人が被った精神的損害30万円 及びこれと相当 果関係のある弁護士費用10万円及びこれらに対する不法 行為の後である平成18年12月27日から支払済みまで民法所定の年5分 の割合による遅延損害金の支払,(2)予備的請求として,不法行為に基づく損 害 償として,上記過払金と同額の損害 償金388万9260円,控訴人 が被った精神的損害30万円,同不法行為と相当 果関係のある弁護士費用 50万円(以上の損害合計468万9260円)及び取引終了日である平成 18年12月26日までの既発生遅延損害金64万1491円の合計533 万0751円並びに上記損害468万9260円に対する不法行為の後であ る同月27日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の 支払を,それぞれ求めた事案である。 原審は,主位的請求について,平成9年1月31日以前に発生した過払金 返還請求権は時効により消滅したとして,その後に発生した過払金222万 5000円及びその確定利息59万2343円と,過払金に対する遅延損害 金の限度で認容し,その余の請求及び予備的請求をいずれも棄却したことか ら,控訴人がこれを不服として控訴したものである。
  • Posted: Sunday, 29 August 2010 23:18:28 GMT
  • In: Uncategorised
  • Permalink : 過払い金の計算例
  • Comments: 7
  • Viewed 5046 times.

Make a comment

*
Smilies
*
Enter the code shown.